サスペンドコントローラー

サスペンドコントローラーを開発したのは2005年になります。

当時、PCに保存した写真や音楽、動画などをリビングのテレビで見るというスタイルがはやり始めた頃でした。私もONKYOのネットワークメディアレシーバーなるもの購入し活用していました。

このネットワークメディアレシーバー、ネットワークカードの設定を変更することによりPCがサスペンド状態であっても自動的に復帰し、ストリーミングを行えるという便利なことができました。その一方、音楽や動画を配信中にも関わらずPCの自動スタンバイの設定により勝手にスタンバイになってしまうという困った部分がありました。PCを24時間稼働にすれば、問題は回避できたのですが、とはいえ消費電力は馬鹿にならない・・・ということで作成したのがこのサスペンドコントローラーです。

当初の仕様はPCにおけるネットワーク通信量をモニタして一定の通信量を超えている場合には、サスペンドを抑止するというものでした。その後、CPU負荷監視などを加えたものをVer0.1として公開しました。

その後、

  • 特定のプロセス監視
  • 特定のウインドウが表示されているか

などの機能を付加していきました。窓の杜様にご紹介いただき、大勢のユーザーに使っていただきました。

当初は、INIファイル(設定ファイル)にて動作を定義するという普通のユーザーには優しくないアプリだったのですが、ユーザーの皆様のわかりにくいという声に応えて、Ver0.5にて設定画面を追加しました。(とはいえ、インストーラーがないなど簡単に導入するのは面倒なのですが)

現在は、メディア配信プログラムがスタンバイの制御を行うようになったためこのアプリの役目は終わりつつあります。とはいえ、長い時間がかかる処理、たとえばファイルのバックアップやFTPによるファイルのアップロードなど自動スタンバイをしては困るシーンではまだぼちぼちと活用中です。

ご活用いただけるかたがいれば幸いです。

ダウンロード(Vector)

更新日: