JBL Flip2 USB端子の修理

IMG_0212.JPG年末、夜中に思い立って始めたBluetoothスピーカーの修理の話です。

このスピーカーは、娘のポータブル音楽プレイヤー用として2年半ほど前に購入したものです。当時、いろいろな商品と見比べながら、デザインや色などが気に入って購入しました。この大きさですから、低音がすこし不足している気もしましたが、素直な音でした。

しかし1年と2カ月ほどして、充電ができなくなるトラブルが発生。まあ子供が使っていたものだし、充電端子を壊してしまったか電池の寿命などが原因だと思っていました。別のものを買ってもよかったのですが、愛着もあったので修理を依頼しました。保証も切れていたので、料金もかかることは覚悟していたのですが、ハーマンからのお返事は、「修理不可商品です。有償で新品交換になります。」とのこと。結局、購入時の6掛けぐらいの料金を支払い新品に交換してもらいました。

それから1年3カ月後・・・また充電できなくなりました(泣)。修理に出しても直してもらえないのは分かっているので、今回は自分で分解修理してみることにしました。

IMG_0153.jpgネジだけではなく両面テープで張り付けられているところも各所にあるので、それなりに覚悟がいりますが、ばらしてしまえば中はそれほど複雑ではありません。ただし、USBの充電部分とAUX端子部分はがっちりと樹脂で固められていたので、カッターで強制切断しました。

IMG_0150.jpgこれが問題のUSB端子です。基盤の配線側は樹脂で固めてあるのですが、USB端子側の本体ケースのプラスティックの爪で抑えてあるだけだったので、何度も抜き差しをすると当然取れてしまいます。どうせ樹脂で固めるのであれば、USB端子部分まで固めてほしかったところです。

IMG_0152.jpgAmazonプライムで取り寄せたのは、

  • 汎用micro-USB変換基盤
  • エポキシ樹脂
  • micro-USB延長ケーブル

です。micro-USB基盤部分のみを交換する方法もあったのですが、結構小さなサイズで探すのが面倒だったのと、また抜き差しする際に壊れてしまうリスクを低減させるため、本体から延長ケーブルを引き出すようにして、充電できるようにしました。材料費は2000円ですが、2日ほど夜更かししました(眠)

IMG_0157.jpgIMG_0158.jpgケーブルが赤なのは、超短め(150mm)+プライムで取り寄せられるのがこれしかなかったためです。デザイン的にはいまいちですが、USB端子が壊れる心配はなくなりました。

ただ・・・娘にはUSB端子が壊れる心配のないBOSEのSound Link mini2を買い与えてしまったので、こいつの出番は実はあまりないんですよね。あと充電池もそれなりに劣化している気がします。個人的な「単に直したい」という欲望のままに修理されたスピーカーですが、私のiPhoneにたまにつなげてあげることにします。