Notification Center for Pebble

さて今日の記事は、Pebble Time Steelと組みあわせて使っているアプリの紹介です。

Pebble Time Steelの通知機能を使い始めて幾つかのアプリからの通知がうまく受信できないことがわかりました。最初に気が付いたのはYahoo!天気の通知です。いろいろ調べているなかで、このNotification Center for Pebbleにたどり着きました。このアプリの紹介ページだけをみると、Watch側にも専用アプリが必要なようにも見えますが、設定を行うことにより、PTS純正の通知として受け取ることができます。

さてこのアプリが便利なところ、私が使っている機能はというと、

・正規表現で通知する、しないを制御できる。
 例えば、 Twitterの「送信中」とか「送信しました」という文字列を除外文字列に設定することにより、通知内容によっては通知させないようにすることができま す。また、純正の通知機能ではGoogleアプリ(Google Nowカード)の通知をONにしてしまうと、頻繁に通知が発生してしまいますが、「(XX枚のカード)」を除外することで必要な通知のみを受け取ることが できます。

・通知時、アプリ単位にタイトルの色を変更できる。
 特に深い意味はありませんが、アプリごとによって色を変えることによって、Watchのチラ見でどのアプリからの通知かがわかります。

ただ1点だけ、気になるのは・・・

・設定を行うとメモリを大量に消費すること
 インストールされているアプリ情報をメモリにすべて展開してしまうようで、設定終了後もメモリを開放してくれません。仕方ないので、設定するたびに、端末を再起動させています。(設定画面さえ開かなければ、問題なし)

Pebble Time FW3.7以降で、純正の通知機能を使っていると、通知内容がどんどん消えていくという謎の現象が起きているようですが、その代替としてこのアプリを使っ ている方も多いようですね。Gmailの通知は、このアプリでも対策がとれないので早く治ってほしいものです。

以上便利なアプリ紹介でした。


---

2016/2/7 追記

Pebble TIme Watchのファームウエア3.9が公開されましたね。ファームウエアだけのアップでは相変わらず、通知内容が消えていくという現象がおきましたが、母艦 側のPebble Time for Androidを3.9に更新することで解消したようです。母艦側のアプリの問題だったんですね。