メールデータの引っ越し その2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日の記事で、iPadで利用しているメールアカウントにOutlook 2013を同期させるのに苦労した話を書きましたがその続きの話です。

iPadの利用を始めたのが今年の春だったので、それ以前のメールはOutlook Expressに格納されていました。この古いメールデータを新しいOutlook 2013に移動する必要もありました。当初は同じMicrosoft製品だしインポート、エクスポートをすれば楽勝・・・ぐらいに考えていたのですがこ ちらも一筋縄ではいきませんでした。

いろいろ検索すると、この関連情報はたくさんあり、富士通のサポートサイト 「メール移行ガイド」  を見るとWindows Liveメールを一旦経由しないと移行できないとのこと。新しいPCに使う予定もないアプリを入れるのは少し抵抗もありましたが、手順通り進めていく と最後にハマりました。それはWindows Liveメール(32bit版)からOutlook 2013(64bit版)へ移行できない問題です。ここに、ずばり書かれていますね。

Outlook 2013 (64 ビット) にインターネットのメールとアドレスを移行する際の問題

そこにある記述してある解決策が・・・

  • Outlook (32 ビット版) がインストールされている別のコンピューターを使用して Windows メールからメールをエクスポートし、その結果生成された .pst ファイルを Outlook 2013 (64 ビット) クライアントに移動します。Outlook 2013 データ ファイルの既定の場所は、「Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要」で確認できます。
  • Office 2013 (64 ビット) をアンインストールしてから Office 2013 (32 ビット) をインストールし、KB 980534 に記載されている情報を使用して、Live メールから Outlook 2013 (32 ビット版) にエクスポートします。

個人利用で、しかもプレインストールOutlook 2013(再インストールメディアなし)環境では、解決策になってない気がしますけど・・・

困り果てた挙句、最終的には私がサブで使っているGmailアカウントに一旦メールデータをすべてアップロードして、Outloolk 2013に取り込むという荒技を使うことで対応しました。

その1で書いていた作業とこの作業で1日半ぐらいをつぶしてしまいました。量販店の○○電気とかでは「メールの移行 XXXX円」というような案内を見かけるのですが、今回の作業をお願いしたらどのくらいかかるのか気になりました。